×
×

韓国の新年、おめでとうございます。お小遣いをゲットしよう! 詳細はこちら

カレー

日本や韓国のカレーは、本場インドのカレーとは大きく異なり、スパイシーで調味料が効いていて、パンと一緒に食べるようなものです。カレーが日本に伝わったのは明治時代です。しかし、20世紀初頭に日本の海軍や陸軍でカレーが採用されるまでは普及しませんでした。イギリス海軍の将校たちがカレー粉というスパイスミックスを日本に持ち込み、カレーをご飯の上に乗せて食べるようになったのである。1870年代には、日本でもカレーが食べられるようになり、日本人の食生活に欠かせないものとなった。 日本のカレーは、主に「カレーライス」「カレーうどん」「カレーパン」の3つの形態で提供されています。日本では最もポピュラーな料理のひとつである。ごく一般的な「カレーライス」は、単に「カレー」と呼ばれることがほとんどです。日本のカレーには、ソースとともに、さまざまな野菜や肉が使われる。野菜は、玉ねぎ、にんじん、じゃがいもなどが基本です。肉は、牛肉、豚肉、鶏肉が一般的です。カツカレーは、パン粉をまぶした揚げたてのカツ(トンカツ、通常は豚肉か鶏肉)に日本のカレーソースをかけたもので、これはまさに全校生徒のNo.1料理と言えるでしょう。
N

ソースとドレッシング

せんべい&スナック

栄誉を称える