×
NikanKitchen

ログイン
×

テーブルウェア

日本と韓国のボウルとプレートは、日本料理だけでなく、各国料理にもよく合います。日本や韓国と同じように、テーブルにはメインディッシュと一緒におかずが常に2つ以上あるので、日本と韓国にはユニークな料理がたくさんあります。また、日本のお椀の特徴は、軽くて持ち上げやすく、耐久性に優れていることです。モダンでカラフルなものもありますが、伝統的な日本のお椀は通常、料理を際立たせるために色が落ち着いています。そのため、日本食だけでなく、あらゆる種類の食品によく合います。日本の家庭料理は、通常、スープやおかずをメインディッシュとして楽しんでいます。そのため、日本にはおかずを置くためのスタイリッシュで使いやすい小皿がたくさんあります。メインディッシュとサイドディッシュを一緒に食べると、食事で食べることができる野菜の量も増えます。バランスの取れた食事をするには、小皿で一緒におかずを食べる習慣を身につけることをお勧めします。日本ではお皿や手で食べるのが通例なので、軽いお椀や小皿が好まれます。その結果、使いやすい軽磁器や木製食器が食事によく使われるようになり、一般的な食器としての地位を確立しています。
B N

プレート・ソーサー

ラーメンの器

ライス&テイオーボウル

栄誉を称える